木は持続的に生産されます

木は持続的に生産されます

フィンランドとヨーロッパでは、認定を受けた森林から伐採された持続的に生産される木だけが使われます。ヨーロッパの森林は持続可能な開発のための基準に従って管理されています。1年間の森林の成長は、伐採量を大きく上回っています。

木材製品には原産地が明示されています。法的な原産地と持続的な生産が保証されている建材は木だけです。

世界には約50の森林認証システムがあります。最も広く使用されているのがPEFC(森林認証プログラム)とFSC(森林管理協議会)です。フィンランドではこの両方の認証システムに基づいて森林の認証を行う場合がありますが、主に使用されるのはPEFCです。フィンランドの商用森林の約95%はフィンランドのPEFCシステムに従って認証を受けています。国際森林認証プログラムは、さまざまな国のシステムが森林認証の国際的な要件を遵守していることを保証します。フィンランドのPEFCシステムは2000年に国際森林認証プログラムに承認されました。