用途の幅

用途の幅

木材は壁、天井、床、家具、階段、窓、ドアなどの機能性や装飾性などを備えた表材として利用されます。木材は小さな個人宅から大型の公共建造物やオフィスでも使われています。

見た目の美しさから木材を利用することも多々あります。さまざまな色や構造の木材やパネル、化粧板、合板、グルーラムなど異なる木製の内装用製品により木材の用途は限りなく広がります。白木、アカスギ、カバノキだけでなく、さまざまな種類の木材が内装に使われています。最も一般的なのがオーク、ハンノキ、アスペン、カエデ、セイヨウトネリコです。

木材の魅力はその使いやすさにもあります。木材製品は扱いやすいサイズで軽いので輸送もしやすく、特別な知識や道具がなくても扱えるのが魅力です。表面加工処理を施した製品やシステムインテリアにより、これまで以上に木材の利用が簡単になっています。希望に合わせて複雑な内装用のデザインに合うよう、カーブをつけたり、裁断や旋盤などの加工を施すことも可能です。